NEW POST

大人旅(WOBURN①)




b0358928_13065844.jpg



アフタヌーンTEA発祥の地




b0358928_13032288.jpg


今回楽しみにしてました
Woburn Abbey


ベッドフォード公爵の邸宅

7代目ベッドフォード公爵夫人
アンナマリアが始めたとされる


アフタヌーンTEA発祥の地です

貴族のお屋敷(カントリーハウス)は

とにかく維持するのに大変

色々なイベントなどで維持しているそうです

だって


広すぎるほど
どこからどこまでなんて
説明できない
領地には

サファリパーク・ゴルフ場

とにかく
日本では考えられない

広大な面積を持つ
領地なんですよ





b0358928_13122212.jpg


公爵が一番気に入っていた

馬の銅像が

ど真ん中に


置かれています


私は生きている馬かと思ったくらい





b0358928_13131485.jpg


鹿や馬・羊
沢山の動物たちを目にすることができます


勿論車
移動ですので

ご安心ください

歩いてたら

たどりつかないよ。

b0358928_13135695.jpg

ヘンリー8世からこの土地で始まり
450年も続く
邸宅

1955年より
一般公開されるようになり

沢山の観光客が訪れています


b0358928_13065844.jpg

こちらで
有名になったのは・??

アフタヌーンTEA







b0358928_13115007.jpg

邸宅内へ

こちらは撮影禁止なので

残念ですが

アンナマリアが
お茶を愉しんだお部屋
(Blu Drawing Room)や家具など

純銀食器などの
美術館並の
コレクションも

見学することができました

この時代は冷蔵庫がないでしょう??

そのために
氷を入れる
器など

驚くコレクションばかりでした

テーブルコーデの先生も

唸るほど





イギリスで最初にアフタヌーンTEAを始めた
第7代ベッドフォード公爵夫人アンナマリア(1783~1857)
の時代背景をしっかり

目に焼き付けてきました







b0358928_13142150.jpg


邸宅をでると


沢山の動物たちが

挨拶に来てくれます




b0358928_13185441.jpg

b0358928_13191930.jpg

こちらの
動物は
鑑賞用なの??と聞いたところ

昔は

自給自足の生活

狩猟もしたり

畑でお野菜も育て食したり

敷地内で
全て賄えるように

出来ているそうです







b0358928_13144662.jpg




b0358928_13150731.jpg


また

こちらの

売店みたいな場所で


色々と
お土産らしき

Woburn Abbey
に関連したものが
沢山売っています



b0358928_13154024.jpg




b0358928_13160994.jpg





b0358928_13163116.jpg



アジアンチックな建物もありました



b0358928_13182576.jpg



b0358928_13200577.jpg

こちらは

1145年

名前通り建てられた


修道院だったそうです・・






b0358928_13202366.jpg






b0358928_13221624.jpg








b0358928_13224256.jpg


お屋敷外にあるこちら
ガーデンにある
ダッチェスティールーム
アフタヌーンTEAがこちらでも
愉しめるそうですが


今回は

特別予約をしてくださいまして違う
場所での

アフタヌーンTEA
勿論

敷地内です。

こちらでは
カジュアルすぎて

アンナマリアの気分なんてでません・・


アイスコーヒー飲んじゃいそうです

笑い話

では素敵な
TEA ROOMへ

ご案内します



b0358928_13230541.jpg
b0358928_13233637.jpg






by Kellyroom | 2016-08-22 14:19 | ●London(ロンドン) | Comments(0)

無断転載禁止・旅 美 食 lifeコーディネーター


by 花様年華~kellylife~
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31